代表挨拶

皆様、こんにちは!
「一般社団法人スターリィマンからの贈りもの」
代表理事のはせがわ祐希です。
 
当団体は、スターリィマンの作品を通した活動を継続的に行う事で、
少しでも未来に貢献出来たらと願い、スターリィマン生誕25周年となる
2012年11月5日に設立いたしました。
 
設立に至る大きなきっかけとなったのは、
東日本大震災で被災した子ども達に紙芝居をお贈りする
「スターリィマン紙芝居プロジェクト」の活動でした。

 
未だ震災の爪痕が残る被災地の子ども達は、
過酷な状況下にも関わらず、いつも笑顔できらきら輝いていて、
その子ども達の健やかな成長を願い、懸命に守っている
地域の大人の方々の姿に強く心を打たれました。
 
私たちが出会った子ども達がいずれ大きくなった時に、
どうか今の輝きを失わずに将来に夢や希望を持って、
それぞれの人生を幸せに生きていってほしい。
 
被災地だけでなく、スターリィマンが届けている9つの風船
「希望」「元気」「勇気」「夢」「愛」「友情」「未来」「信頼」「幸せ」を
必要としているすべての方々にお届け出来るような活動を
続けていきたいと思ったからです。


 
私の3歳の誕生日に、絵の中で贈りものを届けてくれたスターリィマン。
あの日、スターリィマンからもらった贈りものは、
今もなお、私の中で輝き続け、生きる支えになっています。
 
そして、自分自身の過去を振り返ると
スターリィマンのような方々とたくさん出会い、
皆様から数え切れないほどの贈りものをいただいていた事に、
心から感謝の気持ちでいっぱいです。
 
私たち一人ひとりが“スターリィマン”のように、
大切な誰かのために9つの風船を届けていくことで、
家族も地域も社会も日本も世界も温かくつながり、
みんなが夢を叶えていけるような社会を
皆様と共に創りたいと願っています。
 
さぁ!ご一緒にスターリィマンになって
夢を叶える9つの風船を届けていきませんか?
 
 一般社団法人スターリィマンからの贈りもの
           代表理事 はせがわ祐希